HOME > マイクロダイエットについて知りたい! > マイクロダイエットの歴史

マイクロダイエットの発祥

マイクロダイエットは元々は海外で開発された商品で長い歴史を持っています。最初は1983年にイギリスで登場し、日本では1989年に発売が開始されています。日本で販売権を得ている企業はサニーヘルス社という所で、独占販売権を得ています。この企業は1970年に健康食品などの販売企業として長い実績を持っています。その後マイクロダイエットは、1992年にイギリスより開発者を招き臨床結果を踏まえ、各病院での肥満治療への導入が進められました。


マイクロダイエットが英国で開発された経緯

マイクロダイエットは元々英国にて肥満治療の補助的なものとして開発されています。必要な栄養素をしっかりと摂取すれば、カロリー数を抑えても健康には支障が少ないという考えを持っています。
ダイエット方法は通常の食事と置き換えるやり方で、摂取カロリーを効率的に減らしながら健康的に痩せることを目指す商品です。1日1食または2食を置き換えることで、無理なくダイエットが続けられるようにできています。日本では既に270万人もの人に利用された実績を持ちます。

様々な医療機関での研究が行われている

マイクロダイエットは医療機関での研究材料としても活用されており、栄養をしっかりと補給しながら健康的に痩せられる商品として日本でも幾つかの臨床研究が行われています。
例えば信州大学共同研究では地元住民の健康促進や病気の予防という意味からマイクロダイエットを活用しています。その結果この商品を使ったダイエット効果と、速歩というトレーニングを利用して減量の成功へと導いています。将来的には医療費の削減にも繋がるのではないかと、注目されています。

マイクロダイエットの口コミ・感想を見る>>

マイクロダイエットの公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る